ゴールデンウィーク休業中の緊急のご連絡について

ゴールデンウィーク休業のお知らせ
 
平素は格別のお引立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、ゴールデンウィーク休業期間を下記の通りとさせていただきます。
誠に勝手ではございますが、ご了承の程宜しくお願い申し上げます。
  
     4月29日(日)〜 4月30日(月)
     5月  3日(木)〜 5月   6日(日)
 
 ※5月1日(火)、 5月2日(水)は通常営業とさせていただきます。
 
 
 
【ゴールデンウィーク休業中の緊急のご連絡について】
 
休業中のボイラー故障につきましては、当社でボイラーを設置された
お客様のみのご対応とさせていただきます。
 
  緊急連絡先 011−595−7851
 
担当者の携帯に転送されますが、すぐに電話に出られない時には
お掛け直し致しますので必ず番号を通知してご連絡をお願い致します。
 
5月6日(日)につきましてはコールセンターでの受付となります。
緊急の際は担当者より折り返しのご連絡をさせていただきますので、
お客様のご連絡先をお伝え下さい。
 
また、故障の内容によっては部品の調達ができないため、各メーカー
営業日以降の修理となる事がございますので予めご了承下さい。
 
 
【当社で取り付けたボイラー以外の機器の不具合の場合】
 
各メーカーの修理受付にご連絡をお願い致します。
 
●ノーリツコンタクトセンター  0120-911-026
         携帯電話からは➡0570-064-910
 
●サンポットエンジニアリング札幌支店  011-785-1211
 
●コロナサービスセンター  0120-919-302
 
 
以上 宜しくお願い申し上げます。
 
株式会社 博 光
 

札幌 暖房 給湯 ボイラー 春の早割ボイラー大商談会開催!!

しばらくご無沙汰しておりました。
HPの更新のため、ブログはお休みしてしまいました。
ここ数日は少し寒いですが、すぐそこで春が待っていますね。
 
さて、大変ご好評いただいております商談会につきまして、
今月4月に2日間の大商談会を開催いたします。
21日(土)、22日(日)、株式会社ノーリツとの協賛となります。
暖房・給湯一体型ボイラーをお使いの皆様へ3つのご提案を差し上げます。
 
◆ご提案1>
 ノーリツOTHをお使いの皆様へ現在と同等の後継機種への変更
◆ご提案2>
 コロナUKWシリーズをお使いの皆様へ現在と同様の一体型機種への変更
◆ご提案3>
 ノーリツOHQシリーズをお使いの皆様へ
 ノーリツOHQ-4701FFRC-BLへの変更
 

 
今回は各ボイラー限定3台、赤字覚悟の大特価でのご提供です。
金額は商談の際にご相談させていただきます、ということで
当日のお楽しみとなります!
その他、お困り事などありましたら、ご相談承ります。
 
厚別中央、厚別北区域のお宅には別途、新聞折り込みにて
チラシのお届けをしております。
 
ご来場いただいた皆様にはプレゼントもご用意しております。
会場には製品の展示もあり、休憩スペースもありますので、
是非お気軽にお立ち寄り下さいませ。
 
=======春の早割ボイラー大商談会=======
 
 日時:4月21日(土)、22日(日) 10:00〜17:00
 会場:ノーリツ北海道支店 厚別区大谷地東2-3-25
  ※株式会社ノーリツ協賛
 
==========================
 
 
お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
0120−973−991
携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
E-mail:8500 ★hakkoh.info
株式会社 博光
札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
営業時間 8:30〜20:00
電話番号 011-595-7851
FAX 011-595-7853
 

札幌 暖房 給湯ボイラー交換 OTQ-G402SA 博光

こんにちは。
3月になってもまだまだ寒いですね。
春になるまでもうしばらくの辛抱です。
 
マンションで設置されているボイラーは暖房給湯一体型が多くあります。
一体型であれば1台で済むので場所を取らずきれいに収まりますので、
限られたスペースでは良いですよね。
 
また、暖房と給湯が別でそれぞれ設置の2台置きを希望される
お客様もいらっしゃいます。
ボイラーが古くて壊れてしまったという場合、
一体型ボイラーですと、そのまま丸ごと交換となりますが、
暖房・給湯別々であれば、どちらかが故障の場合、
1台だけを交換すればよいので急な出費が抑えられます。
 
元々暖房給湯一体型ボイラーが設置されているところでも
暖房・給湯別の2台置きに変更が可能です。
事前に訪問をさせていただき設置場所の確認をいたします。
 
一体型も暖給別もそれぞれのメリットがあり、
設置場所、使用状況などでも変わってきますので
一概にどちらが良いとは言えません。
交換工事の際にはご相談いただけると幸いです。
 
 
先日お伺いしたマンションでは給湯ボイラーの交換工事を行いました。
ノーリツのOTQ-G402SAから後継機のOTQ-G4702SAWFFへの交換です。
同じメーカーの機種なので見た目にはあまり違いが分かりませんが、
本体と配管周りも少しスッキリしました。
 
*施工前 OTQ-G402SA

 
*施工後 OTQ-G4702SAWFF

 
お湯が使えないとお風呂に入れないし、冬場は特に困りますよね。
毎日をストレスなく過ごしたいものです。
 
 
お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
0120−973−991
携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
E-mail:8500 ★hakkoh.info
株式会社 博光
札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
営業時間 8:30〜20:00
電話番号 011-595-7851
FAX 011-595-7853

札幌 ボイラー交換 電気ボイラーから灯油ボイラーへ

こんにちは。
 
今回のご紹介は電気ボイラーから灯油ボイラーへ変更の
札幌市内にお住まいになられているお客様です。
 
元々電気ボイラーをご使用でしたが、温まりが悪くなったため
そろそろ交換時期ということもあり、ボイラー交換となりました。
毎月の電気代もかかるため灯油ボイラーへの変更を決められたそうです。
新たに壁掛灯油タンクの取付をしました。
当初のボイラーの設置場所は、室内のクローゼットの中です。
灯油ボイラーへの交換時に設置場所を屋外に変更、
設置場所の変更によって今まで設置していたクローゼット内が空いたため
本来の物入としての役目を果たすこととなりました。
収納場所が増えて助かりますね。
 
また、不凍液は4年毎の交換が望ましいところですが、
10年以上交換していなかったとのこと。
やはり汚れが詰まっていました。
 

 
念入りに洗浄を行いました。
 
さて、新しい灯油ボイラーの設置も終わり、
気持ちよくお使いいただけると信じて願うばかりです。
 

施工前から。。
 

施工後、こんな感じです。
 
 
毎月の料金も気になるところですね。
以前、同じく電気から灯油へボイラー交換されたお客様がいらっしゃいましたが、
毎月かかった料金をキチンとつけて以前の料金と比較をされたそうで、
確実に安くなったということでした。
交換後のご報告までいただけて有難いことです。
 
現在、マンション用ボイラー設置をメインで行わせていただいておりますが、
戸建にお住まいのお客様もお気軽にお問合せください。
 
 
お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
0120−973−991
携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
E-mail:8500 ★hakkoh.info
株式会社 博光
札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
営業時間 8:30〜20:00
電話番号 011-595-7851
FAX 011-595-7853

札幌 小樽 暖房 給湯 ボイラー 博光CM放映決定!!

(2018.2.6投稿分)
 
こんにちは。
 
先日、大商談会のお知らせをさせていただきまして、
早速反響が届いております。
いつも訪問して下さり誠にありがとうございます。
今後もお知らせなど随時発信してまいりますので、
よろしくお願いいたします。
 
そして、この度CM放映が決まりました!
『ボイラー』の言葉を見かけたり聞こえてきたりしたら、
それは『博光』のCMです!?
ラストには♪はっこう〜♪と流れますので、
あ!博光だ、とお分かりになるかと思います。
放送は2月15日から始まります。
気に留めていただけるととても嬉しいです。
 
CM製作時の様子です。↓
 

 

 
 
さらに、、、
どさんこワイド179 札幌テレビ(STV)
『街角30秒勝負』コーナーに出演します!
2月23日(金)にお目にかかれる予定です。
元気いっぱいに紹介させていただきますので、
こちらも併せてご覧いただければと思いますニコ

 

 

お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
0120−973−991
携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
E-mail:8500 ★hakkoh.info
株式会社 博光
札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
営業時間 8:30〜20:00
電話番号 011-595-7851
FAX 011-595-7853



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:25 最後に更新した日:2018/08/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM