パネルヒーター ボイラー 配管洗浄

もう7月になるというのに、気温低めで季節感がわかないような札幌です。
北海道は梅雨がないといいますが、この時期は蝦夷梅雨と呼ばれ、お天気はあまり良くありません。
カラっとした気持ちのよい天気が待ち遠しいです。
 
さて今回は戸建にお住まいのお客様より、大変お困りのご様子でご連絡をいただきました。
パネルヒーターが暖まらないということで、暖房ボイラーのエラーが出続けている状態です。
これまでは電源を入り切りしてなんとか使ってはいたものの、ついに使えなくなってしまったため、
近所の業者さんに問い合わせしたところ、かなり深刻な状態だったようで、パネルの交換を
しないとダメだとの話でした。
しかし、パネルヒーターは10台もあるので、交換となると費用も相当なものになります。
交換ではなく修理が可能かどうか、何ヵ所かの業者さんに聞いたものの断られてしまったそうです。
困り果てていた時に、ネットで博光を探し当ててご連絡をいただいたという経緯です。
 
まず原因を調査、配管の状態を見させていただきました。
お話の通り、配管は何年分もの汚れなどが溜まり深刻な状況でした。
この汚れを取り除かないことにはどうにもならないので、
パネルを1枚ずつ取り外し、丁寧に洗浄していきます。
 *一部取り出した汚れです。
 
 *少しの作業でも結構な汚れが出てきました。
 
かなり強力な詰まりがあったため普段使わない配管洗浄剤を使用しつつ、
配管内の詰まりを特殊な工具を使って直接落としていきます。

 
あまりの手強さにさすがに時間がかかってしまいました。
通常の配管洗浄ですと半日ぐらいで終わるのですが、今回は頑張って頑張って2日かかりました。
綺麗に洗浄した後、ボイラーの試運転をして正常に稼働していることが確認できました。
今まで動いていなかったところも機能するようになりました。
 
冒頭にも触れましたが、他で断られてしまい、困り果てて博光を頼ってくださってきている
お客様です。
こちらも誠心誠意対応させていただきまして、ようやく完了することができました。
大変な作業でしたが、お客様にはとても喜んでいただけましたので、
感謝の言葉をいただけると疲れも吹き飛びます。
大仕事を終えて清々しい気分になれました。ありがとうございます。
 
博光では他業者様で断られた場合でもできる限りの対応をいたします。
お困りのことがございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
ただ、配管の詰まりの場合は作業に取り掛からないと、お電話だけではすぐに直せるかどうかの
判断がつきません。
当初の症状から作業を試みますが、状況によっては追加の作業が発生することが多々ありますので、
その点ご了承いただけると幸いです。
 
 
お問い合わせはフリーダイヤルをご利用ください。
0120−973−991
携帯・PHSからは011-595-7851にお電話をお願い致します。
メールでのお問い合わせは お手数とは存じますが
下記のメールアドレスの★を@に変更して送信して下さい。
E-mail:8500 ★hakkoh.info
HP:http://hakkoh.info
株式会社 博光
札幌支店 札幌市白石区東札幌2条5丁目6-7 NCKビル1階
営業時間 8:30〜20:00
電話番号 011-595-7851
FAX 011-595-7853
 

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:29 最後に更新した日:2019/05/29

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM